小児科医作成のQ&A & 小児科医へ直接質問「あんよ」

小児科

「あんよ」とは

こんにちは。
健康アプリを紹介する「デジタルヘルスのアプリケーションをひたすら紹介するブログ」です。

本日は名古屋発、学生が始めたベンチャー企業ジークス株式会社の「あんよ」を紹介させて頂きます。

ジークス株式会社は名古屋の学生が2019年9月に創業。
2020年4月、名古屋大学・名古屋工業大学発ベンチャー企業として認定されております。

このデジタルヘルスのアプリーケーションの誕生の経緯ですが、ジークス株式会社と東海地方を中心に 19 の産婦人科・小児科クリニックを運営する医療法人葵鐘会(愛知県稲沢市、理事長:山下守)と、実証実験・共同研究を開始したことによります。

昨今では、お産を終えたお母さんの産後うつが社会問題になっております。
さらにコロナ禍で周りの人との関わりが少なくなってしまった結果、子育てに関する悩みを家庭内で抱え込み、日常的な悩みの解決をインターネット検索に頼らざるを得ない状況となっております。
しかし、インターネット上には様々な情報が存在し、どの情報をどの程度信頼してよいのかということを、ただでさえ子育てに忙しいお母さんが冷静に判断することは難しいのが実情です。

葵鐘会グループの産婦人科(小児科)では1か月健診時に、タブレットによるオリジナル問診システムを採用しており、待ち時間を利用して小児科医が作成した「Q&A」をお母さんに閲覧してもらい、後で担当医師に気になった Q&A についてさらに詳しく聞くことが出来るという取り組みを約 10 年間行ってきたようです。

健診に訪れたお母さんからは好評のようで、以前よりスマホアプリ化を希望する声も出ていました。
今回の実証実験では、この小児科医が作成した「Q&A」に着目し、子育ての手助けになるようなアプリケーション「あんよ」の開発をジークス・葵鐘会共同で行うこととなったようです。

機能

Q&Aの閲覧

現役の小児科医が、新生児・乳児期の赤ちゃんを持つお母さんからよく寄せられる質問を集約して、約150個のQ&Aにしました。インスタグラムのフィードを見る感覚でQ&Aを閲覧できます。また、タグによる検索も可能です。

ダイレクトQ&A(期間限定 利用料無料)

チャット形式で現役の小児科医へ質問すると、1〜3日の間に返信されます。
※ダイレクトQ&Aは診察ではありませんので、小児科への受診判断に関してはお母さんのご判断で行って下さい。

「あんよ」の主な機能(公式サイトから引用)

新生児・乳児期の赤ちゃんを持つお母さんに、不安はつきもの。特に、1人目の赤ちゃんの場合は分からないことが多いと思います。

「あんよ」では、そんなお母さんの日常的なお悩みに対して現役小児科医が作成したQ&Aと、小児科医に直接質問できるダイレクトQ&Aサービスを提供しています。

※ 全ての機能を利用するためには、「あんよ」を導入している病院で配布されている招待コードを入力する必要があります。

Appstore:4.8(5件) ※2021年9月現在
スマートフォン、タブレット対応

「ジークス株式会社」について

会社名:ジークス株式会社(英名:GeCS, Inc.)

設立:2019年2月

所在地:愛知県名古屋市

代表取締役社長CEO:村上 嘉一

Vision

国や貧富の差、政治など関係なく、
世界中のすべての人に
適切な医療が届くべきであり、届ける。
GeCSは、新たな医療を生み出すだけではなく、
確実にすべての人に提供する。

Mission

人のためにテクノロジーを実装していく。
テクノロジーによって、人の生活や暮らしに
新しい可能性を生み出していく。

医療従事者・患者、すべての医療と関わり合っている人々に、
今まで体験できなかった新しい医療体験を提供し、
生活に組み込んでいく。
まだ見ぬ医療体験を創造し、実装していく。

Value

チームで共に創っていく。
一人ではいいモノは創れない。思いついたら、考えるより先に行動する。
スピード感を忘れずに行動に起こそう。目の前のことを確実に馬鹿正直に実行する。
ひたすら確実に貪欲に価値を求めよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました