気軽に相談、いつでも頼れる。「HELPO」

内科

「HELPO」とは

こんにちは。
健康アプリを紹介する「デジタルヘルスのアプリケーションをひたすら紹介するブログ」です。

突然ですが、困った時に助けてくれる人は近くにいますか??
急な病気を患った時、どうしたら良いか誰かに聞きたくないですか?
わからないから余計に不安になって、その不安が更に病状を悪化させちゃいます。

そんな時、誰かに聞いてもらいたいし、聞きたい。
しかもそれが医療従事者であればなお良し。
そんなペインポイントに応えてくれるのがこのデジタルヘルスのアプリケーション「HELPO」です。

この「HELPO」ですが、24時間365日いつでもどこからでもアクセスし、医師、看護師、薬剤師など、医療のプロのアドバイスが受けられるというサービスです。

又、一昨日(5/24)の同社のプレスリリースにも更なるサービス拡大でインフォーメーションされておりましたが、本アプリ内の一般用医薬品ECサイト「ヘルスモール」の配送対象エリアを全国に拡大するとのことで、徐々にサービスが浸透しているようです。

【2021年5月24日 同社のプレスリリース】
「HELPO」で提供する一般用医薬品ECサイト 「ヘルスモール」の配送対象エリアを全国に拡大

「ヘルスモール」での商品販売と配送については、ドラッグストアなどのパートナー企業と提携しています。
利用者が「HELPO」アプリから商品を注文すると、パートナー企業のスタッフが店舗などで商品をピックアップし、配送業者がそれを受け取り、利用者へ届けます。
ヘルスケアテクノロジーズは、このオペレーションを円滑化し、よりスピーディーな配送を実現するために、短時間配送に対応するパートナー企業の店舗スタッフ向けアプリ「HELPICK(ヘルピック)」を提供しています。
「HELPICK」では、注文情報の確認から、商品ピックアップ時のバーコードの読み取り、配送用のラベル発行、配送業者との情報連携など、一連の配送オペレーションをアプリで簡単に行うことができます。

HELPOの主な機能(公式サイトから引用)

HELPO ~HEALTHCARE IN POCKET~は医師、看護師、薬剤師で構成される健康医療相談チームが、みなさんの抱える健康上の不安をすぐにチャットでサポートするアプリです。

【基本機能】

■健康相談こんな時はお気軽にご相談ください!

▽インフルエンザ予防とは何をすればいい?
▽子供が今朝からミルクを飲んでくれない、どうしたらいい?
▽腕の筋肉量を増やしたいけれど、どんな生活習慣を身につけたらいい?
▽寝不足が続いているので、疲労回復のためにどんな栄養素を取ったらいい?
▽夜中に発熱した、病院に行けないので今すぐ処置できることは?
▽健康診断で血圧が高いといわれたけれど、生活をどう改善したらいい?

■医薬品・日用品の購入から配送まで健康相談の結果に沿った一般医薬品と日用品を購入できます。 また、健康相談を受けない方もお求めいただけます。

■病院検索日本全国の病院・クリニックを簡単に検索できます。

他にも様々な機能を随時追加予定です!

−企業経営者・自治体運営者のみなさま−ウィズ・コロナの改革を推進する中で、このような課題に直面していませんか?

働き方改革を推進する上で重要になるのは「リモート」です。
直接顔を合わせない働き方が浸透していく中、従業員に新たな課題が見えてきています。

  • 微熱時の出勤に関する不安
  • 在宅勤務による運動不足
  • 対人接触回避による病院受診の遅れ(症状の重症化)

企業の経営者は従業員の課題解決をしなければならない一方で、昨今注目されている下記への対応も求められています。

  • 福利厚生の充実
  • サステナビリティ推進
  • 安定した経営

働き方改革を推進する上で重要になるのは「リモート」です。
直接顔を合わせない働き方が浸透していく中、従業員に新たな課題が見えてきています。

  • 福利厚生の充実
  • サステナビリティ推進
  • 安定した経営
  • 企業の経営者は従業員の課題解決をしなければならない一方で、昨今注目されている下記への対応も求められています。
  • 保健師等健康相談に時間を取られているが、本当は保健事業に注力したい。
  • 住民の健康課題がなかなか解決されない
  • 住みやすい街づくり / 環境づくり

たとえば、HELPOはこのようなお悩みを解決します。

今の症状でどの病院(診療科)に行けばいいかわからない

今まで経験のない症状、どの診療科に行けばいいのかわからない。

体調が不安定だが病院に行くほどではない、モヤモヤする。

軽い体調不良。病院に行くほどではないが、仕事中ずっと気になる。そんな状況を放置していませんか。

症状の対処法をネットの記事を参考にしているが、不安

検索をすればたくさんの情報が手に入るようになったために、自分の欲しい情報化がわからない。

オンライン診療やってる病院がわからない

病院に行きたくないが、医師の診察を受けたい。オンライン診療対応してるかわかりにくい。

薬がほしいけど買いに行く時間がない

日常的に服薬している一般薬が切れてしまった。薬がほしいがしばらく仕事から手が話せない。

調子が悪いけど病院に行く時間がない

今までに経験のない症状。病院にかかりたいけど時間が取れない。

Appstore:3.5(38件) ※2021年5月現在
スマートフォン、PC対応

「ヘルスケアテクノロジーズ株式会社」について

所在地:東京都港区

代表取締役社長 兼 CEO:大石 怜史

設立:2018年10月15日

資本金:38億5000万円(資本準備金含む)

事業内容:オンラインヘルスケア事業

ABOUT US

ヘルスケアの未来に、新しい答えを。

私たちヘルスケアテクノロジーズは、この国の健康と安心を守るチームの一員として誰もが未来に希望を持てる社会の実現に向けた新しいアプローチをつづけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました