歩けば福がやってくる「ふくおか散歩」

生活習慣病

「ふくおか散歩」とは

こんにちは。
健康アプリを紹介する「デジタルヘルスのアプリケーションをひたすら紹介するブログ」です。

今週、出張で福岡に行ってまいりました。
福岡はいいですね~。
私自身が学生時代を過ごした街という事もありますが、食べ物もおいしいし、適度に都会、適度に田舎があってとてもバランスの良い街かと思います。

こちらは昔撮った写真です。博多祇園山笠は有名ですね〜

なんか勝手なイメージですが、これだけ好条件が揃っていたら、不健康な人も少なさそう、と勝手にイメージしてしまうのは僕だけでしょうか。

さて、本日紹介するデジタルヘルスのアプリケーションは、前回ご紹介させて頂いた埼玉県の「埼玉県コバトン健康マイレージ」に引き続いての自治体のアプリケーションで、かつ歩くことでポイントがたまっていくアプリケーションです。

ふくおか散歩」では、毎日の歩数を計測してポイント化していきます。
また、毎日「健康チェック」を入力するとさらにポイントを獲得することができます。
現在、公開から3年を経過し、4.7万人の登録があるようです。
多くの県民の方の健康に貢献しているデジタルヘルスのアプリケーションですね。

本アプリケーションの事業主体は、西日本新聞社、凸版印刷、正興ITソリューションとの事で、西日本新聞社の読者の健康寿命の延伸に貢献したいという想いから実現した事業のようです。
福岡100行政課題解決事業採択に採択されております。

「福岡市では、人生100年時代に向けて、誰もが住み慣れた地域で、 心身ともに健康で自分らしく暮らせる、「ひと」も「まち」もどちらも幸せになれる社会の実現を目指すプロジェクト「福岡100」に取り組んでいまう。市民のみなさんはもちろんのこと、企業や大学などの知恵や工夫を取り入れ、「オール福岡」で推進する」とのことです。

新聞社の顧客接点、コンテンツ、広告ビジネスノウハウ 凸版印刷と正興ITソリューションのアプリ開発・運用ノウハウを持ち寄り事業展開されております。

また、経産省 令和2年度ヘルスケアサービス社会実装支援事業にも採択されており、その報告書によると、「地域応援プロジェクトを約 1 か月間実施したところ、633 人がプロジェクトに参加し、歩数に応じて貯めたポイントを原資として、30 団体に総額 300 万円を支援するに至った。支援金の原資も協賛 30 社から集められた。また、プロジェクトに参加したユーザーは非参加 ユーザーに比べて平均歩数が多く、ログイン率も高かった。」とのことです。

アプリで得たポイントを「地域応援」に利用できる仕組みを新たに実装されております。

「ふくおか散歩」の概要は以下の通りです

ふくおか散歩の「3つのミッション」

①地域の人々の健康寿命延伸に貢献

手軽にできる運動であるウォーキングを促進することにより人々の健康 づくりに貢献。

②地域経済の活性化

貯まったポイントは地域の流通・小売店舗などで利用可能なものにし、 経済活動に直結する仕組みとすることで地域経済の活性化に貢献。

③ヘルスケアのプラットフォーム

プロジェクトを起点として、人々の健康増進に役立つプラットフォーム づくりを。民間だけでなく公共部門や各種団体、学術・研究機関との連 携も視野に。

ふくおか散歩の主な機能

テーマ:市民が日常的に継続して歩くことにつながる取組み・仕組み

人生100年時代を見据え、心身ともに健康で自分らしく暮らしていける持続可能な社会の実現」

アプリを登録し利用された方の歩数の変化などを確認しその成果等を 今後の福岡市の健康づくり施策の検討に活かし市民の健康寿命の延伸を図る。

地域応援プロジェクト

1,000人以上のユーザーが自分の健康づくりに加え て地域貢献に参加できると実感されております。

なお、2021年8月現在の獲得ユーザーの打明けは以下となっております。
福岡市を中心に多くの方が活用されておりますね。

では、一番気になる、どうやったらポイントが貯まるのかを見てみましょう。

獲得ポイントについて

ポイント獲得には以下の4つの方法があります。

①アプリ起動ポイント
 5ポイント(1日1回)
②自己健康チェックポイント
 15ポイント(1日1回)
③血圧入力ポイント
 15ポイント(1日1回)
④歩数による獲得ポイント
 80ポイント(1日最大)
 

※一日最大8,000歩がポイント対象歩数となります(100歩で1ポイント換算)
※1日に獲得できるポイントについて
【例:①+②+③+④の合計ポイント115ポイント(※最大で取得した場合)×1か月(約30日)=3450ポイント(※最大)】
尚、グループ設定をいただいた方に100ポイントが付与されます。
※既に登録済みの方は「更新」を押すとポイントが付与されます。

その他、本アプリ内で配信するミッションやスタンプラリーでも追加ポイントを獲得することができます。

バーチャルウォーキングコース

歩数に応じて、九州の8つのエリアに分けられた仮想のコースをクリアしながらコース制覇を目指していきます。
総距離は約1,660キロメートル。1日8,000歩のペースで約1年で達成できます。エリア達成毎にポイントもゲット!九州一周達成でさらにポイントゲットできます!
是非、チャレンジしてください。

「ふくおか散歩」について(公式HPから引用)

「福岡を歩く」からはじめる健康づくり。
「ふくおか散歩」はウォーキングやイベント参加などによってお得な健康ポイントを獲得できるアプリです。楽しみながら生活習慣の改善につなげてみませんか。

■ポイントを貯めてお得なクーポンをGet!

ウォーキングやイベント参加などによってポイントをGetできます。
ポイントはお得なクーポンなどと交換可能です。

■福岡のスポットをバーチャルでお散歩!

ポイントに応じてキャラクターがバーチャルな福岡のコースを進んでいきます。
どんなスポットが現れるかは進んでみてのお楽しみ!

■グループで参加可能!

友達同士やご家族、企業・部署単位でグループを作って参加することができます。
グループ同士での競争、グループ間での競争ができます。

■日々の健康管理にも使える!

体重や血圧を入力し、日々の変化をグラフ化して管理できます。
自分では気づかなかった体調リズムの発見もあるかもしれません。

アプリ提供:西日本新聞社、凸版印刷、正興ITソリューション

※本アプリはiPadではご利用できません。iPhoneにてご利用ください。
※本アプリはヘルスケアアプリ(HealthKit)と連携し、歩数データを使用します。
※iPhone5S以降に搭載されている歩数センサーを使用しますが、センサーから歩数データを取得できる期間が限られているため、7日に1度はアプリを起動してください。
※iPhone搭載の歩数センサーを使用するため、モーションとフィットネス のアクティビティへのアクセスを許可してください。
※本アプリでは、クーポン発行や抽選などを実施しますが、Appleとは全く関係ありません。

Appstore:3.6(48件) ※2022年4月現在
スマートフォン、PC対応

「福岡県」について

県知事:服部 誠太郎

面積:4,986.51km2(29位)

人口:5,135,214人(9位)

「西日本新聞社」について

会社名:株式会社西日本新聞社

代表取締役社長兼グループ経営会議議長:柴田建哉

創刊:1877年

資本金:3億6000万円

発行部数:朝刊51万4104部(2020年1〜6月ABC平均部数)

従業員数:656名※2021年4月時点

企業理念

「わたしたちの九州 西日本新聞社は地域づくりの先頭に立ちます」

人権方針

 私たちは、憲法が謳う基本的人権の享有、法の下の平等の精神に則り、人権を尊重する企業風土を醸成し、事業活動の基盤にします。同和問題をはじめとするあらゆる人権課題を正しく理解して適切に行動し、報道機関としての社会的責務を果たします。地域の人々が心穏やかに豊かな生活を送るには、差別のない社会の実現が不可欠であり、西日本新聞社はここに人権方針を策定、以下の行動指針を掲げ、公正平等な地域社会実現への一翼を担います。

〈行動指針〉

◯差別の禁止

私たちは、人間は生まれながらにして自由で平等であることを常に認識し、人種や国籍、性別、出身、性的指向、性自認、障害、信条などを理由とした差別をしません。

◯多様な価値観の尊重

私たちは、多様な価値観を持つ従業員同士が互いを認め合い、自由に意見を述べ合える関係を構築し、一人一人の能力を発揮できる、働きやすい職場環境をつくります。

◯ハラスメントの防止

私たちは、社内外において個人の尊厳を傷つけるセクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなど一切のハラスメントを行わず、容認しません。職務上や取引上の優位な立場等を利用したハラスメントをしないことはもちろん、苦痛を受忍してまで業務を遂行する必要はないことを確認し合い、職場等で人権侵害リスクの把握、防止に努めます。

◯公正な採用選考

私たちは、従業員を採用する際、応募者の適性、能力を基準とし、公正に選考します。

◯教育啓発

私たちは、あらゆる人権課題の解決に向け、職場内外での研修啓発に積極的に取り組み、人権に関する正しい理解と認識を深め、人権感覚を磨き続けます。

「正興ITソリューション」について

会社名:正興ITソリューション株式会社

代表取締役社長:有江 勝利

所在地:福岡市博多区

設立:2005年3月

資本金:1億円

従業員数:68名

事業内容:ソフトウェアの企画・開発およびその運用・保守ならびに販売

社是

最良の製品・サービスを以て社会に貢献す

正興電機グループテーマ

情報と制御の独創技術で未来を創造する

コメント

タイトルとURLをコピーしました