“Let’s シミケア!! ~美女からの催促~” 「UL・OS」

しみ

「UL・OS」とは

こんにちは。
健康アプリを紹介する「デジタルヘルスのアプリケーションをひたすら紹介するブログ」です。

今回は前回の「減酒日記」に引き続き大塚製薬のデジタルヘルスアプリケーション「UL・OS」を紹介させて頂きます。
「UL・OS」と言えば、歌手の桑田佳祐さんが初代イメージキャラクターとして起用された大型スキンケアブランドとして2008年9月9日に発売されました。

男性用スキンケアブランドとして化粧品会社以外のメーカーが発表されたとあって、当時はなかなかセンセーショナルなデビューであったと記憶しております。
何を隠そう、私も発売以来ずっと愛用させて頂いており、とてもお世話になっております。

それでは最新の「UL・OS」のCMを見てみましょう。

「UL・OS」の2つのこだわり

大製薬の研究技術が実現した「コスメディクス(健粧品)」発想のスキンケア

大製薬は医療品研究のノウハウを活かし、肌の健康をテーマに独自の研究を積み重ねてきました。健康的な肌こそが美しい肌、という新しい発想から誕生したのが、大製薬の【コスメディクス(健粧品)】。コスメディクス(Cosmedics)とは、Cosmetics(化粧品)+Medicine(医薬品)を掛け合わせた大製薬独自の考え方。健康的な肌にこだわり続けてきた、大製薬ならではの視点と技術からUL・OSは生まれました。

うるおいの秘密は「保湿成分AMP※1」

大製薬は、加齢による肌トラブルはエネルギー代謝の低下が原因の一つであることに着目し、20年もの間、研究を続けています。「AMP※1」は肌本来の健やかさをサポートする成分。肌にうるおいを与えるとともに、キメを整えて肌荒れを防ぎ、肌を健やかに保ちます。肌に悩む男性にはこれとない成分。UL・OSのスキンケア製品にはそのAMP※1が含まれています※2

※1 アデノシンリン酸(スキンローション、スキンミルク、スキンジェルクリーム、プラス 日やけ止め、大人のシート)
  アデノシン一リン酸(薬用スキンブリージーローション、薬用スキンホワイトニング)
※2 薬用スカルプシャンプー、薬用スキンウォッシュ、フェイスウォッシュforスキンケア除く

「UL・OS」の主な機能(公式サイトから引用)

このアプリは[ウル・オス 薬用スキンホワイトニング<医薬部外品>]を利用している方を中心とした、シミ対策応援アプリです。ケアのタイミングを美女たちがやさしくお知らせ。アラームでアプリを開くたび、あなたのシミ対策を応援する美女の写真がカレンダーにコレクションされます。また、もし顔にシミができてしまったらどうなるのか……しみのシミュレーション機能も装備。毎日利用して、シミ対策への意識を高めてください。
提供会社:大塚製薬株式会社

【主な機能】

■しみシミュレーション

内側カメラを起動して自分の顔写真を撮影し、しみのシミュレーションができます。シミュレーションは1日に何度でも可能。保存した写真は「美女カレンダー」で再度見ることができます。

■美女アラーム

朝と夜、1日2回のアラームを設定できます。朝と夜の設定それぞれにON・OFF機能があり、朝だけ・夜だけといった使い方が可能です。

設定時間になると、アラーム音とアプリ内通知でお知らせ(サイレント設定の場合はアプリ内通知のみ)。アプリ内通知をタップすると、シミ対策を応援する美女の写真がランダムに表示されます。表示した写真は「美女カレンダー」で再度見ることができます。

■美女カレンダー

日付をタップすると、「しみシミュレーション」で撮影した写真、「美女アラーム」で表示した写真を再度見ることができます。

■塗り方サポート

[ウル・オス 薬用スキンホワイトニング<医薬部外品>]の正しい、効果的な使用方法をお知らせします。

■しみ情報

シミへの意識調査やシミの原因など、シミに関する情報をお知らせします。

■Webサイト

ウル・オスのWebサイトにリンクします。

Appstore:4.7(3件) ※2021年10月現在
スマートフォン、PC対応

「大塚製薬」について

大塚製薬については前回「減酒日記」の企業情報をご覧ください。

「哀臭カルタ選手権」

現在、UL・OSは面白いキャンペーンをやっているようです。
ぜひ、キャンペーンに参加して面白いTweetを投稿してみてください。

「哀臭カルタ」とは?

日々、身を粉にして仕事に向き合う働く男たちが抱えがちな、哀しき体臭リスク。そんな「哀臭」ただよう働く男たちの“あるある”をカルタにしました。
意外と「哀臭」リスクが潜むこれからの季節。
身近に潜む“においトラブル”を、ウル・オスと共に回避しましょう!

キャンペーン概要

コメント

タイトルとURLをコピーしました