アプリを使って健康管理をしながらスポーツに励もう!「ルナルナスポーツ」

月経関連

「ルナルナスポーツ」とは

こんにちは。
健康アプリを紹介する「デジタルヘルスのアプリケーションをひたすら紹介するブログ」です。

すみません、最近投稿が滞っており、久し振りの投稿となりました。株式会社エムティーアイさんのFemtech4部作の最終となります今回は、スポーツに取り組む女性が、より良いコンディションで大会に臨めるよう、体調管理を行う事ができる「ルナルナスポーツ」を紹介させて頂きます。

スポーツ女子を悩ます、生理

スポーツをされている女性を悩ますのが生理。
生理痛やPMS(月経前症候群)により、練習に集中ができなかったり、大切な試合にベストコンディションで臨めないということも。

スポーツの種目によっては体重の軽い方が有利に働くことがあるため、激しいトレーニングとともに減量を求められます。
急激な体重や体脂肪の減少、運動による精神的・身体的なストレス、女性ホルモンのバランスの乱れ・・・

やがて、カラダは”生命の危機”を感じるようになります。

そして、自身の命に関わる機能を優先的に働かせようとして、妊娠に向けた準備である生理をストップさせてしまうのです。

運動が原因で、これまであった生理が3ヶ月以上停止した状態を視床下部性無月経(運動性無月経)と呼びます。そして、この無月経が骨粗しょう症を引き起こすと考えられています。

エストロゲンの低下で骨が折れやすくなっている状態(骨粗しょう症)のところに、激しいトレーニングにより骨の同一部位に繰り返し負荷をかけるとどうなるか・・・想像できますよね。

疲労骨折を起こしやすくなってしまうのです。

疲労骨折の主な治療法はスポーツを控えることですが、無月経が原因の疲労骨折の場合には、女性ホルモン投与により生理を戻す治療も行う必要があります。

生理は、心身の健康のバロメーターになります。

定期的に生理があるということは、長くスポーツを続けていくうえでも、将来の妊娠を考えるうえでも、女性にとってはとても大切なことなのです。

それでは、「ルナルナスポーツ」の主な機能を見ていきましょう。

「ルナルナスポーツ」の主な機能(公式サイトから引用)

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+* *.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

1,600万インストール突破の「ルナルナ」から、スポーツ女子向けのアプリが誕生しました。
「ルナルナ スポーツ」は、スポーツに取り組む女性がより良いコンディションで大会に臨めるように、体調管理をサポートします。

婦人科医 能瀬さやか先生監修なので安心!
ルナルナ スポーツを活用し、さらにいい結果を出せる選手を目指しましょう!

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+* *.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

【基本機能】

◎試合・合宿日、月経日管理カレンダー

試合・合宿と月経をカレンダーで一括管理できます。
生理予定と試合・合宿が重なったら、アラートでお知らせします。

◎基礎体温&体調記録をグラフ化

毎日の体調や基礎体温の変化をグラフで見ることができ、自分の身体の調子を客観的に理解できます。

◎基礎知識

スポーツに取り組む女性に必要な身体の知識をまとめています。自分の身体のことを知り、しっかりケアしましょう。

◎婦人科受診が簡単に

ルナルナスポーツに記録した生理日や基礎体温を簡単に婦人科の先生に見てもらうことができます。

今後も便利な機能を追加予定です!

◆不具合・リクエスト等◆

お客様からの貴重なご意見・ご感想としてスタッフもレビューを拝見しておりますが、こちらへは直接/個別にお返事を差し上げることはできません。

大変恐れ入りますが、不具合やお問い合わせ、リクエスト等は【アプリ起動>その他>お問い合わせ】より、メールにてご連絡ください。

※本アプリはOS Ver10.0以上が対象です。
※推奨端末はiPhone5以降です。

Appstore:4.3(9件) ※2021年8月現在
スマートフォン対応

「株式会社エムティーアイ」について

「株式会社エム ティーアイ」さんの企業情報はコチラをご覧ください。

今回は株式会社エムティーアイさんの研究支援・不妊妊活支援について紹介させて頂きます。

OUR ACTIONS

日々の体調サポートだけでなく
社会が抱える女性のヘルスケア課題解決でも
お役に立ちたいと考えています

ルナルナがこれまで、サービス開発以外にも様々なことに取り組んでまいりました。これまで取り組んできた実績についてご紹介します。

研究・調査支援

大学・医療機関 × ルナルナ

未来の女性のカラダやココロの課題を解決するべく、ルナルナのビックデータやサービスを使って、大学や医療機関への研究協力・共同研究を行っています。

主な取り組み実績(順不同)

国立成育医療研究センター

内容:日本医療研究開発機構(AMED)の事業 女性の健康の包括的支援実用化研究事業(Wise)「プレコンセプションの女性に着目した疾患予防に関する総合的ケア方法の確立」
対象サービス:ルナルナ、ルナルナ 体温ノート、ルナルナ ベビー

東京大学 産科婦人科学教室

内容:厚生労働科学研究事業「月経周期や基礎体温の正常範囲の再定義」
対象サービス:ルナルナ、ルナルナ 体温ノート、ルナルナ ベビー

国立成育医療研究センター再生医療センター

内容:AIを用いた不妊治療支援用スマートフォンアプリの開発を目指した共同研究
対象サービス:ルナルナ、ルナルナ 体温ノート、ルナルナ ベビー

東京大学大学院医学系研究科精神保健学

内容:全自動化インターネット認知行動療法による妊娠うつ病・産後うつ病の予防
対象サービス:ルナルナ ベビー

淀川キリスト教病院 産婦人科、東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 臨床疫学・経済学

内容:周産期うつ病とインタ-ネットヘルスリテラシーに関する大規模WEBアンケート研究
対象サービス:ルナルナ

国立大学法人弘前大学 産科婦人科学講座

内容:不妊領域における共同研究
対象サービス:ルナルナ

ルナルナ(広尾レディース宗田 聡先生監修)

内容:ビックデータを活用した独自の排卵日予測ロジック(特許取得済)
対象サービス:ルナルナ

ルナルナが保有するビックデータなどを活用して、社会課題となる女性のカラダやココロの謎や困ったの解決を目指す専門家への協力・共同研究もこれからつづけていく予定です。

妊活・不妊治療支援

自治体 × ルナルナ

自治体と妊活支援等に関する連携協定を締結し、各自治体が行っている妊活・不妊治療支援に関する情報発信や共同調査の実施等、主にメディアパートナーとしてサポートしています。

主な取り組み実績(リリース順)

妊娠を希望する方が妊活や不妊治療に関する自治体の取組状況などを、いちはやく知ることができることで、スムーズな妊活や不妊治療のスタートをサポートするほか、各自治体の支援制度の活用促進に貢献して参ります。

プロジェクト支援/メディアパートナー

プロジェクト × ルナルナ

女性のカラダやココロに関する課題解決にむけて、支援団体や企業などが主宰するプロジェクトに協力しています。

主な取り組み実績

ピル服薬支援プロジェクト Shift P

内容:ルナルナを運営する(株)エムティーアイと(株)メディパルホールディングスが提供する低用量ピル(OC/LEP)に関する服薬支援プロジェクト

女性の健康課題解決の手助けとなるプロジェクトへの参画など
様々な企業や団体とのコラボレーションも行っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました